「がんばっているのに、後悔してばかり・・・」

 

もういい加減、「がんばる教」をやめませんか。

 

      もし、あなたが本気で「がんばる教」をやめるつもりなら

わずか半年で

マインドフルネス心と身体が統合された状態

自然と身につき、

永続的に健康が維持でき、人間関係が改善し続ける

誰にでも出来る方法を

からステップバイステップ

直接指導しようと思うのですが・・・。

 

 

 

 

 

                                             

 

             

                                                                                                     注目:私からあなたへ

                            3つの約束

 

 

 

1、 初心者でもわかりやすいよう

    1つ1つ丁寧に指導

 

 

 

 

                 2、 結果が出ると証明されたメソッドで

                     健康維持、人間関係の健全化

 

 

 

 

 

3、 身につくまで

  わからないことは何度でも

  徹底サポート

 

 

              

だからこそ・・・

 

       知識、修業歴、運動神経ゼロの初心者でも

            「超」具体的な行動により

         できない、わからない、うまくいかない

              とは言わせません!

 

 

まずは、こちらをお読みください。

 

 

 

 

       不思議な体験が自分を変えています・・・ 

 

 

              イラストレーター 藤原さん

 

         

               

               報告です。

 

               前田さん、いつもお世話になっています。

               藤原です。

 

               先日も、「F.P.C.」のワークをありがとうございました。

               手をこすり合わせたり、手で押し合ったり、腕振り瞑想をしたり・・・。

               そんな良く分からないけど、心地よく面白い、不思議な体験が、

               実は、とんでもないものだと、最近になってだんだん分かってきたので、

               報告させてください。

                     

               つい先日、私は、3年以上続けていたある仕事をお断わりしました。

               正直言って、経済的には底の状態です。

               いつもなら頑張りどころのはずです。

               でもなぜか、困難を乗り越える努力をしようとは少しも思いませんでした。

               それには代えられない、新しいご縁が別の場所で生まれつつあることを

               実感していたからかも知れません。

 

               もうそろそろ、自分が本当にやりたいと思うことを

               仕事にしていいのではないかと思い始めていたからかも知れません。

 

               変わりたいという思いを、「F.P.C.」のワークが後押ししてくれているのかな、

               今はまだまだそんな段階ではあります。

 

               失うことはマイナスではなく、新しい道への一歩。

               洗脳でも宗教でも自己暗示でもなく、自分の手で感覚を育てていくこと、

               きっとそれが、自分で自分を育て直すことになるんだろうと思っています。

               自分自身がいい感じに変わっていくこと、そして揺るぎない核を持つこと、

               それができれば、どんな社会であれ、どんな境遇であれ、どんな病であれ、

               外的なものの影響を受けずに生きていくことができるんじゃないかと思います。

               「F.P.C.」は、その一歩であり、ひとすじの道ではないでしょうか。

 

               「ずっと同じではいられないものですよね。人はみな変わっていくものですから。」

               「いい感じに変わっていけたらいいですね。」        映画 『かもめ食堂』より

 

               今後とも、どうぞよろしくお願いします。 

 

 

 

                許せないのは、夫ではなく自分でした・・・ 

 

 

           主婦 Kさん

 

                        

             眼からうろこでした。

 

               前田さん、いつもお世話になっています。

               梅原です。

 

               3回目のセッションも、眼からうろこの連続でした。

               1回目、趣味で吹いているトランペットの音色が、前田さんの気によって、

               あんな風に変わることにびっくりしましたが、昨日の身体の作り方も

               びっくりです。

 

               身体って、無理をしなくても、いや、無理をしないほど、

               強さが出るのだと、実感しています。

 

               今まで、夫のことを休みの日には、寝てばっかりで、ほんと、嫌になる、

               と嫌悪感を抱いていましたが、あれは、「休みの日にも、ゆっくりしてはいけない」と、

               私が自分にかけていた暗示だったのですね。

 

               自分が自分を追い詰めていて、辛かったことを、夫にもしていたのだと思うと、

               夫に対して、そして、追い詰めていた自分に対して、

               申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

               話を聞いていただいた後に、身体のワークに入ると、

               私にも初めて「フォース」が使えたようで、本当に嬉しかったです。

 

               コツは、ただただ、「今」にフォーカスするだけ、だったなんて!

               驚きいっぱいのワークをありがとうございます。

 

               次回も楽しみにしています!

         

 

 

 

 

 

 

 

                               こんにちは、前田三四郎です。

 

                               私は現在、「身体で考える」コーチ業を中心として

                               多くの方とお仕事させていただいています。

 

                               昨年までは、スポーツ関係者や整体師など          

                               身体の専門家のお客様が多かったのですが、

                               今回は単刀直入に、

 

                               ずばり、

                               《どうやってパートナーと調和し、幸せに生きるか》

 

                               これがテーマとなります。

                                   

 

映画『スター・ウォーズ』の中でも、フォースの達人が出てきますが、

あれは、「身体で考えられる人」のことです。

 

                                  

私は長年、武道を教えてきましたし、「身体に貞(き)いて」進路を切り拓いてきました。

「身体で考える」ことを追求しているうちに、人間関係の悩みも、頭ではなく、身体で解決できることに

気づきました。

 

 

これまでのクライアントさんで、悩みを「身体」で考えられなかった方は一人もいません。

それだけ、身体は正直である、ということです。

 

 

ライフコーチ、カウンセラーを名乗る人はたくさんいます。

それぞれが、自分の師匠のやり方を真似て、がんばっておられますが、

 

「で、頭で決断しても、身体に残るこの違和感は何?

 

という部分については、だれも教えてくれません。

 

 

 

 

なんとなく、日本にコーチのニーズが高まってきたから、オレにもできるかも!

という人の多くなってきた風潮に一石投じてみようかと思い、

 

誰よりも丁寧に、確実に実践できるシステムを用意して、才能に関係なく、一歩ずつステップごとに進むことで

「身体で考える力=フォース」を修得する方法を直接指導によって伝えていこうと思います。

 

 

ちなみにこの手紙、読むだけでも、

 

「フォースとは何か」

「身体で考えるってどういうこと?」

 

がよく理解できるはずですので、最後まで読んでいただければ嬉しいです。

なぜ、パートナーとの関係が大切なのか。

 

 

 

多くの人が、人間関係を問題にしますが、

私が思うに、それ以前にまず、「自分と仲良くなる」ことが大切です。

 

 

あなたは自分を大切にしていますか?

いつも自分に「ありがとう」と言っていますか?

 

 

どうしても「自分」には厳しくなります。

「自分」というものは、なかなか好きになれない「やっかいな存在」です。

あなたはどうですか?

 

 

ここで質問!

 

 

「自分の次に大事」なのは誰ですか?

 

 

 

実は私、最近まで「子」だと思っていました。

なんていったって血がつながっていますからね。

 

でも違います。

 

 

2人の子どもを育てていると、

「子どもを預かっている」感じが強くあります。

だから、親というのは「合宿所の大家さん」のイメージです。

 

 

「恋人」も違います。

そもそも「恋愛」という考えは、近代になって作られたものです。

「遊女とのスリリングな遊び」それが恋愛の原型です。

 

 

では、どの関係が大事なのか?

 

 

答えは、「パートナー」です。

 

 

 

 

子どもや恋人以上に「自分に近い」

パートナーという存在

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば「あるがままの自分」って直視するのに勇気がいりますよね。

 

人は「あるがままの自分」をパートナーに投影し、ついつい批判的になるものです。

つまりパートナーは、「自分」の次に「やっかいな存在」なのです。

 

 

 

 

「やっかいな自分」

「やっかいな人生の問題」

それを乗り越えた先に本当の充実感がある。

 

もともと赤の他人だった2人が一緒に生活し、支え合い、

時には傷つけあって人生を共に歩むことにより、本当に幸せになれるのではないか。

 

 

 

最近、みんなが、とくに30代、40代の男女が一斉にそう思い始めました。

 

 

これは、これまでの個人主義、競争原理から離れて、「パートナーとの調和を大事にしたい」

という時代の要請の象徴です。

 

 

というわけで私のコーチングも、

 

「パートナーとの調和」

 

これがテーマとなります。

 

 

 

 

 

 

「恐れ」の9割は人間関係

 

 

 

「誠実でやさしく、少し控えめな努力家」

 

私のところに来る方はそんな方ばかりです。

 

 

これを読まれているあなたも間違いなくそのタイプでしょう。

ところであなたは、同じパターンの人間関係の問題を繰り返してこられたのではないでしょうか?

 

 

たとえば・・・

 

 

「豹変して嫌なことを言い出す先輩」

「家にまで入ってくるストーカー」

「人の悪口ばかり言う同僚」

 

同じような嫌な感じの人が来ては去り、

その度に、塩の風呂に入ったり、神社参りに行ったり・・。

 

 

 

ここだけの話、

実はこれ、みんな私のことなのです(笑)。

 

 

超敏感体質の私は、いわゆる「霊媒体質」だったのかもしれません。

そのために身体も弱く、人間関係にも翻弄され続けてきました。

 

 

他人の評価を気にして自分を曲げ、その結果、人に振り回されて後悔ばかりしていたのです。

 

 

「あること」さえなければ、こんなことはなかったはずなのですが・・・。

 

 

 

「あること」

これって何だと思いますか?

 

 

『スター・ウオーズ』のダース・ベイダーがダークサイドに落ちた理由。

 

世界から戦争がなくならない最大の理由・・・。

 

 

 

それは、「恐れ」です。

 

 

 

「思考は現実化する」とよく言われますが、今までの人間関係を振り返ると、

まさに自分の「恐れ」が作り出した、「自作自演のドラマ」だったなと、改めて思います。

 

 

私は、43歳のときに恐れを完全に断ち切りました。

「あるもの」に答えを見つけ、それが突破口になったのです。

 

 

 

「あるもの」

それは何だと思いますか?

 

「思考」の反対のもの。

「頭でっかち」の対極にあるもの・・・。

 

 

 

そう!「身体」です。

今回お伝えしたいのはその「コツ」です。

 

 

身体を自然型に戻し、身体で考えられるようになることを「フォース」と呼んでます。

これを体現すると、人間関係も「不思議」と上手くいきます。

 

 

「嫌な場所」には、身体が拒否反応を示してくれるので、行かないようになる。

 

 

自分の中に秘められた力に自信を持つことができるようになり、

そこはかとなく自信が滲み出るから、「好かれる力」を発するようになる。

 

 

「嫌われる勇気」も湧いてくるので堂々と自己開示でき、「結果」も「人」もついてくるようになるのです。

パートナーとの調和に必要なフォースとは

 

 

こんなことは、ありませんか?

 

「私がこれだけがんばってもできないのに、

あんな飄々としている人がどうして受かってしまうの?」

 

 

 

いますよね。

いわゆる「持ってる人」。

 

 

また、将棋の世界に、こんな格言があります。

 

 

「負けに不思議の負けなし、勝ちに不思議の勝ちあり」。

 

 

つまり負けるのには原因があるんだけれど、「勝つのに原因はない」と言っているのです。

 

 

それは5次元的不思議な世界、「フォース」なのです。

3次元世界では考えらないことですが、「フォース」は現実として存在します。

 

 

だんだん怪しくなってきますが(笑)、さらに「フォース」を物理的に定義すると、

テニスでラケットを振り上げボールに当たるまでが「パワー」で、

そこから、ボールが下に落ちて止まるまでが「フォース」。

 

 

人間はどうしても「手ごたえ」を求め、「原因と結果」を考えてしまいます。

たとえば、あなたはこう思っていませんか?

 

 

 

「思い切り振り切ればボールは飛ぶ」

 

「努力したらその分結果が出る」

 

 

 

実は!それは・・・、残念ながら錯覚なのです。

 

 

「結果だけの世界」

 

 

これこそが、「持ってる人の『コツ』」です。

 

 

対する「パワー」は、原因と結果の3次元的な世界。

自然を無視した人工的な世界でもあります。

 

 

たしかに「パワー」は成果が出やすいのですが、「エネルギーの借金をしている」ので、

あとでツケを払わなくてなりません。

 

 

病気になりやすかったり、年齢による古傷の悪化であったり。

また、無理に自分を押し通そうとするので、パートナーとの信頼関係も

ギクシャクするかもしれません。

 

 

 

一方、エゴを抜いた透明なエネルギーが「フォース」。

それは「パワー」よりも捉えどころがない、一次元上のエネルギーなのです。

 

 

それを身につけると直観が冴えて、思考の柔軟性が出てきます。

シンプルな考え、シンプルな生活は、自ずと「デュアル・ライフ」に通ずるものです。

(デュアル・ライフ・・・都市と農山漁村が双方向で行き交うライフスタイル)

 

 

 

          ============================

             筋力以外でこんなに力が出るとは驚きです。

             引き算で力が出る。

             その意識になるのに時間がかかりましたが、

             コツを掴むとほんとに楽しいです。

            「努力」とは頑張ることではないと教わりました。

 

                             京都府 Mさん

          ============================

 

 

 

 

 

フォース修得にかかる時間とお金

 

 

 

そんなわけで、一部の勘のいい人たちが、「フォース」を修得しようと、

さまざまな錬功を実践しています。

 

 

ヨガ、ヒーリング、気功、潜在意識のワークも、「フォース修得」という意味では、目的は同じです。

 

 

でも・・・それでは残念ながら膨大な時間がかかってしまいます。

「フォース」=「持ってる人」になるには、20~60年修行するのが一般的な見解なのです。

 

 

 

たとえば「瞑想」。

 

 

私もヨガの合宿などで体験しましたが、正直なところ、よくわかりませんでした。

「ああ、自分は才能がないのだな」投げやりになったものです・・・。

 

だって、体感のないまま、指導者の真似をするだけですよ(いいわけ?汗)。

これでは、本を見て自宅でやっているのと変わりません(!)。

 

 

 

私たちが欲しいのは、「手にとってわかる実感」。

そして「揺るぎない自信」です。

違うでしょうか?

 

 

それから、月謝代もバカになりません。

一見安いようですが、それは薄利多売の発想で

リスクがいっぱいです。

 

 

安い月謝でも何年も通えばけっこうな出費になります。

しかも、本当のことを知らない先生に教わると、悪い癖がついてしまいます。

 

そして、やっかいなことに、それを取り除くのにまた何年もかかってしまうのです。

(多くの人が取ろうとはしないし、悪い癖がついているのも自覚していない。)

こんな非効率なことはありません。

 

 

 

 

 

 

大事なことが伝わらない2つの理由

 

 

あなたは本当にがんばっておられます。

 

瞑想やヨガ、マクロビ、整体、マッサージなどに時間を投資し、また自己啓発セミナーや

コーチングなどにお金の投資をして、真剣に取り組んでこられたことでしょう。

 

 

しかし、何年もやって成果が出ないようであれば要注意です。

 

 

これも覚えておいてくださいね。

エクササイズには、

 

「短時間で効率的に成長するエクササイズ」

 

「時間を浪費し、ほとんど成長しないエクササイズ」

 

の2種類しかありません。

だから、大事なのは「才能」ではなく、誰と出会うかという「運」なのです。

 

 

 

さらに、瞑想について言えば、難しいのには2つの理由があります・

 

1つ目は、じっとしていられない人には向いていないということ。

 

2つ目は、指導者との接触がないこと。

 

 

この2点をクリアしていないと、いたずらに時間を

かけてしまうことになります。

修業していると30年、40年なんてあっという間です!

 

「時間の無駄使い」

 

あなたは大丈夫ですか?

 

 

 

 

 

 

 

時間を短縮できる理由

 

 

人生・・・。

これって意外と短いものです。

今あなたがやっていることは、生涯やり続けるべきことでしょうか?

 

 

想像してください。

 

 

「還暦過ぎての結婚」

「老人になってからの成功と病気」

 

 

どうですか?

 

私は欲張りなのかもしれませんが、

これではあんまり嬉しいとは思えないのです。

 

 

「人生の課題」は期間が決まっていて、

「その期間内に解決」するのが自然です。

 

 

だから勉強、修業のいちばんの課題は「時間短縮」にあると考えてます。

そして、それを可能したのが身体コンサル「F.P.C.」です。

 

 

私はフォース修得のための条件として、

 

 

① システム

② フォース

③ コーチ

 

 

の3つを掲げています。

 

①は、「誰にでも」身につけられるシステムがあること

②は、指導者が、フォースを体現できること

③は、指導者が、「他人の世界に理解と敬意」を払えるコーチであること

 

私は過去いろんなワークに参加してきましたが

「条件が2つ以下」なら時間短縮は難しいと感じていました。

 

 

 

しかし、

3つの条件と「個人指導」によって、「時間短縮」ができるのです。

 

 

「フォースを身につける方法」と問われ、具体的かつ明確に答えられる人はそう多くはいません。

 

 

私は、長年の合気道の指導を経て、独自の考えで身体コーチングの方法論である「ほどき手」を

創設し、おかげさまで好評を得ております。

「フォース」のコーチングに関してもプロであると自負しています。

 

 

「フォース」があれば、直観が冴え、情報に翻弄されません。

あなたの発する言葉や立ち姿は周りを明るくし、調和を生み出します。

 

 

そこに「引き寄せ」が起こり、あなたにふさわしい

パートナーが現れます。出会いを求めて、あちこち

出かける必要は全くないのです。

 

 

たった一回のワークで

 

「私はモテる実感があります!」

 

と言い切った女性もいます。

こんな時間短縮は他にありません。

 

 

 

 

フォースは透明な川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は川が好きです

少年時代は、地元京都の加茂川でよく遊びました。

 

加茂川の上流は透明で夏には鮎を獲りにいきましたね。

透明な水、魚、流れがあれば、そこは最高のテーマパークです。

 

 

だから、私は「フォース」を説明するのに「川」のたとえをよく使います。

 

 

経済は「金脈」、人間関係は「人脈」。

そして身体には「神経」や「血管」、「経絡」などの川が流れています。

 

 

「パワー型」は川を人工的にします。

蛇行している流れを直線にしたり、ダムを作ったり、とにかく不自然な「無理」「無駄」をやりまくり、

水を汚して、生きものを住みにくくします。

 

私はもともと強くなろうと、不自然なトレーニングをやっていましたが、

決して健康ではありませんでした。

 

心と身体がちぐはぐで、10年ほど、甲状腺の病気と鬱で

社会的なリタイアを経験しています。

 

 

今思うと、その時はやはり、「パワー型」でした。

一言でいうと「不自然」。

 

 

最初に「足す」と、ずっと足し続けなければならない、

そんな非効率なことをずっと続けてきたのです。

 

 

それは「パワー」のほうが「手ごたえ」があり、

「短期的に成果が出る」から。

 

 

でも、このやり方では、未来はないのです。

(*若いときには、効果的な場合があります。)

 

 

パワー型で人間関係や経済を解決しようとしても、

それは不自然な分、あとでツケを払わなければならないのです。

 

 

一方、フォース型は原始の川。

何も手を加えないほうがいいという考えです。

水は透明で生物もたくさん住んでいる。

 

 

生物が多いと、自ずとそこに「循環」が生まれ、

やがて「調和」につながります。

 

 

そして、「調和」を維持するベースが「身体」です。

 

 

「身体をフォース型にして調和を取り戻す」

「それをデュアル・ライフに応用する」

 

 

人間は「万物の霊長」と呼ばれています。

地球の舵を取るのは、やはり、われわれ人間なのです。

 

 

やっと、「フォースの体感」が人間、社会、やがて地球全体に浸透し、すべてを調和に導く

という考えが受容される時代になりました。

 

 

この流れには、当然、大きな意味があり、誰もこの流れを止めることはできません。

ならば、わざわざ、流れに逆らう必要がどこにあるでしょうか。

個人セッションの全体像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなってしまいましたが

ここで個人セッションの全体像をご説明します。

 

 

目的はもちろん、

フォースを身につけ「自立」「調和」「透明」を体現すること。

そして「パートナーとの調和」です。

 

 

そのために、初心者でもゼロから1つずつ

ステップアップするためのワークを提供し、

フォース修得に必要な知識と知恵を基礎からみっちり

伝授していきます。

 

 

「フォース」に関しては、多くの人が初心者であるのが当たり前ですので、

鍛錬してこられなかった場合でもぜひ怯むことなく楽しむ気持ちでいてもらえればと思います。

 

 

 

今回は3つのプランを用意しております。

 

 

「トランスパレンシー(透明)」コース

 

「ハーモニー(調和)」コース

 

「インディペンデント(自立)」コース

 

 

「トランスパレンシー」コースが基本プランとなり、

アップグレードするごとに「基本内容+上位ノウハウ」という形で、より濃厚な内容を提供しています。

 

 

対面セッションおよび、一部スカイプセッションもご用意おりますので

遠方にお住みでも申し込むことができます。

 

 

対面の場合は京田辺市(京都府)にあるオープンスペースで行います。

また、セッション後には、京都山城産のお茶・お菓子で、振り返りの時間を持ちます。

 

 

 

「フォースの身体づくり」だけでなく、

ここでしか学べない特殊技能を含め、

生涯廃れることのないノウハウを提供していきます。

 

 

どこまでも現実的で、具体的なプロセスによってサポートしていくことをお約束いたします。

それでは、各コースの説明を致します。

 

「トランスパレンシー(透明)」コース

 

 

 

 

 

 

 

 

「トランスパレンシー」コースは、つのプランから成り立っています。

 

 

フォースコンサル編・身体ワーク編

 

 

 

カリスマコーチのアンソニー・ロビンズはこう言います。

 

「人生の質は日常抱いている感情の質」

 

たとえば、「理想のパートナーと世界一周旅行している」

う場面をリアルに想像することによって得られる感情を、

日常抱いている人は、実際に、夢の実現がしやすい、

というわけです。

 

 

フォースをマスターするコツも、感情にあります。

 

 

「自己実現しているときの感情」を味わいながら生活することをすすめるのは、

コーチとして当たり前の話なのですが、これは、いくら考えても、よほど、

感情コントロールのできる人でないと難しいものです。

 

 

なぜなら、感情は、日々、一瞬一瞬、刻々と変わり、

また、周りの状況、環境、周りの人の言葉、態度によって

浮き沈みするものだからです。

 

 

「コーチング」として当たり前の感情の質ですが、

残念ながら、コーチにも、それを「正しく」理解できている人は、ありません。

 

 

なぜなら、感情の質を上げるとは、感情を押し殺すことだと思っていたり、

一時のノリで高めた感情の持続だと誤解しているように見えるからです。

 

 

そういうコーチにコーチングを受けると、必ず、

「今までに一番嬉しかったときの感情を思い出してください」

「それを、持続してください」

と言われます。

 

 

しかし、それは、感情の存在する場所を把握していないのです。

それでは、心を制御するのは難しいのです。

 

 

 

感情は身体のどこにあるのか

 

フォースは身体のどこにあるのか

 

 

 

これらをテーマ別に分け、

 

一つ一つ丁寧に検証し、身体と感情と脳のリンクを強めることによって、

身体全体を統合的に使えるようにしていきます。

 

 

 

この仕組みが一度体得できると、もう、無理に何かをすることがなくなり、あなたは、

とても楽になります。自分のすべきことがわかり、どんな苦労も、自分から選んで

行っているという感覚を持つことができます。

 

そうすると、人に責任を押し付けることもなくなるし、他人や親兄弟を恨んだり、

妬んだりする必要が全くなくなり、真に自由な人になることができます。

 

 

 

では、

2つのステップについて、1つ1つ解説していきます。

1. フォースコンサル

 

 

「コーチング」は、人生の諸問題を「見える化」し

解決可能な形にする「技」です。

 

 

東洋は、西洋よりも古い歴史を持ち、常に精神世界と

つながっていました。頭で考えるよりも、手足を動かし、

頭を静止させることで、今で言う、「思考」を行っていました。

 

しかし、それに習熟するには、鍛錬が要りました。

 

 

なぜなら、東洋の古い時代の人たちがつながっていた

精神世界は、「目に見えない」からです。

 

 

西洋は、「目に見えない」精神世界を、物質世界にまで下ろし、

物質化社会、産業社会、合理的社会を生み出しました。

 

 

その世界から生まれたコーチングは、人生の問題を

簡潔にし、短時間で解消しようと生まれたものです。

 

 

そして、人生の問題を「見える化」するという意味で、

画期的でした。しかし、思考どまりなのが、限界です。

 

 

 

だからこそ、東洋的な「目に見えない世界」と合わせると

たいへん相性がよく、かえって無駄がないのです。

 

では、なぜみんなそのようにしないのか?

 

それはたんに西洋的なものと東洋的なものを融合させる

「工夫」がたいへんだからです。

 

 

自慢するようですが、私は、

「目に見えない」東洋の身体の使い方と

「目に見える」西洋の考える技術とを融合することに

成功したので、「一次元高いコンテンツ」を提供することができるのです。

 

それが、「フォースコンサル」です。

 

 

 

6ヶ月かかる理由

 

 

パワー型の「クセを抜く」のに6ヶ月かかります。

習い事は「90日」続けるのが一つの目安です。

 

 

「夏も近づく八十八夜」

 

 

これは、童謡「茶摘み」のワンフレーズです。

八十八夜かけてつくった新芽で入れたお茶を飲むと

「無病息災」であると言われています。

 

 

これぞ「日本人力」だと思いませんか?

 

 

それを2回繰り返すと「180日」。

つまり「6ヶ月」。

 

 

のループのように、2回壁を越えるとブレーク・スルーするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「スター・ウォーズ」の主人公

ルーク・スカイウォーカーは、

家族を殺され、父であるダース・ベイダーに

敗れるという2回の挫折を味わいます。

 

「マトリックス」の主人公ネオは、

この世が仮想現実であった絶望と、

エージェント・スミスに敗れるという

これも2回の挫折をします。

 

 

これは哲学用語で「弁証法」と呼ばれ、

ブレーク・スルーのための基本的な考え方です。

 

 

 

 

「フォース脳」に変わると、

無理、無駄がわかるようになり

自ずと「エッセンシャル思考」にもなり、

死ぬ直前まで、成長することが

できるのです。

(エッセンシャル思考・・・最小の時間で

成果を最大にする思考法)

 

 

2.身体ワーク

 

 

◇ 3つの身体

 

人には3パターンの身体があると仮定しています。

 

 

粘土(大人) -考えが満杯で身体が重く、柔軟さがない

 

 

水(子ども) -柔軟で、どんな変化にも対応できる

 

 

空気(赤ん坊)-水よりさらに変幻自在

 

 

 

「フォースを身につける」とは、「空気の身体」の修得です。

人の身体は「思考」で重くなってしまうものですが、

「空気」であることにより、大人でも変幻自在であることができます。

 

 

中身は、空気のような「赤ん坊」。

 

 

いつも上機嫌だけど、悲しいときは思いっきり泣く。

そしてなんといっても「クリエイテイブ」です。

 

 

「子どもは遊びの天才」。

次から次へと、楽しくなることを考えています。

 

 

これからの時代は、「コンセプトの時代」です。

無関係な要素から、新しい価値を作り出すことを楽しむ時代です。創意工夫を楽しむ大人は、

いつも喜びに溢れ、より豊かな人生を全うすることができるのです。

 

 

 

◇ 循環

 

 

身体をこの3つのパターンに転換させていくことで、循環が起こります。

この循環によって、精神の集中と拡散が起こり、ます。

 

 

フォースの鍛錬では、瞑想も行いますが、マインドフルコーチングでは、

3種類の瞑想法を取り入れています。

「瞑想」は座ってやるのが主流ですがそれだけで悟りの境地に至る人は少ないものです。

 

 

その3つとは、

 

 

動かない瞑想(立禅) ― 粘土

動く瞑想(腕振り体操) ― 水

 

 

動かす瞑想(呼吸法) ― 空気

 

 

 

 

 

 

 

そして稽古の内容も3種類あります。

 

 

稽古(実践)する

 

 

見る(インプット)

 

 

教える(アウトプット)

 

 

 

 

 

 

お金を例に取るとわかりやすいかもしれません。

 

お金を作る、お金をもらう、お金を使う、これで1セットです。

 

 

お金を使いたければ、どこかから手に入れなければなりません。

手に入れるためには、そのための仕事をしなければなりません。

それを意識して行うのが、循環です。

 

 

一攫千金や貯金ではなく、「廻す」感覚が、循環です。

 

 

そして、いずれもそれぞれ3つを循環させることにより、「フロー状態」が保つことができます。

(フロー・・・集中してる精神状態、「ゾーン」「ピークエクスペリエンス」)

 

◇ 呼吸法

 

 

これは、原初の「合気道の呼吸法」です。

 

ペアで対面し、一方が手を差し出すのを

対面の者が手首を握って阻止するワーク。

 

 

要するに「軽い力比べ」なのですが、

呼吸法のマスターにはすぐれた方法です。

 

 

ステップを踏むことにより、「動きのクオリティー」が変わり、

差し出す手が軽くなっていきます。「動きのクオリティー」が変わると、

自動的に「呼吸のクオリティー」も変わるもの。

 

 

そのとき、肺呼吸から「胎児の呼吸」へと変化するのです。

 

 

そこには、「人と対立しない不思議な一体感」があります。

すなわち、「絆」が強まるのです。

また、発想も自然に「ウィン・ウィン」になります。

 

 

「胎児の呼吸」は、「無呼吸」ともいえますが、苦しくはありません。

お母さんに抱っこされているような充足感があるのです。

 

 

それは「絆の呼吸」と言えるでしょう。

 

 

 

 

フリーダイバーのジャック・マイヨール(映画「グラン・ブルー」

のモデルになった人物)は深海100メートルを潜るときは、

必ずヨガの呼吸法を実践したそうです。

 

 

100メートルの深海へは、ロープづたいに機械で

潜るのですが、それでも5分近くかかってしまいます。

 

それはまさに命がけのパフォーマンス!

 

でも、どうして彼はそんな危険を冒してまで挑むのでしょう?

 

 

海の色は青から黒へ・・。

心は生まれたての「無」の状態に近づきます。

 

 

それはきっと「地球に抱っこされている」

そんな至福感に違いありません。

 

いわゆるこれが「フロー状態」です。

 

 

 

脳波は日常のβ波から、α波、θ波へ移行し、

その時、脳の司令塔である「帯状回」が鍛えられます。

 

 

帯状回は感情と行動を司る部位

ここが太くなると(鍛えると実際に太くなるのです!)

心が折れなくなります。

 

 

「胎児の呼吸」を身につけると、

力が浸透しやすくなるので、単純に戦闘能力が上がります。

 

 

これは意外に大事なことで、

「身体レベルで自分の身を護れる」と自信が出るものです。

(*悪用されては困るので、大っぴらには公開していません。)

 

 

そして、一旦習得した呼吸方法は、衰えることがありません。

これは自転車に乗ることに似ていて、一旦乗れてしまうと、永続的に乗れるものです。

 

 

「死ぬ直前が一番強い状態」

 

 

呼吸法がわかると、それを実感することでしょう。

 

 

ワークであなたがすることは「腕を伸ばす」、ただそれだけです。

小難しい理屈や「運動神経」は必要ありません。

自動的に私の「空気の身体」があなたに移っていきます。

 

 

あなたの自覚がなくとも自動的に健康になり、人とも調和します。

それは物理的に皮膚から伝えているので、

ほぼ100%の成功率なのです。

 

 

でも・・・

 

もしその実感が持てなくてもご安心ください。

私は長年指導していますから、

失敗パターンは熟知し、補強するワークも用意しています。

 

 

一緒に瞑想して「はい終わり!」なんてやりません(笑)。

実感が持てたかどうかは、すぐにわかりますので、

あなたが納得いくまでお付き合いします。

 

1回のセッションで20年分の修行内容を伝える

 

それが私の仕事だと思っています。

◇ 「恐れ」を抜く

 

 

身体が透明になり、自信が持てた後には、いろんな種類のストレスをかけていきます。

どんなパターンの困難にも対応できるように、「フロー」な自分をつくっていくのです。

 

 

そこで邪魔をするのが、自分の中の「恐れ」です。

 

 

「お父さんが高圧的で小さい頃から苦手だった」

「お母さんが依存してくる」

「前の恋人とすぐ別れてしまい、

どうせこの人も去ってしまうのだと身構えてしまう」

 

 

このように「恐れ」も人それぞれで、

バリエーションが豊富です。

だから、いろんな種類のストレスをかけて、

それを「突破」してもらうのです。

 

 

尚、一般的なコーチングのトラウマ除去は、

リバウンドしやすい欠点があります。

身体に蓄積された恐れは身体で処理する必要があるのです。

 

 

だから、このワークをやると身体に「隙(すき)」がなくなり、事が起きても動揺しなくなります。

結果的に、「なぜか上手くいく人」の気持ちもよくわかってきます。

また、このワークをすると、過去の嫌だった思い出が気にならなくなります。

 

◇ 23のコツ

 

 

フォースのコツを23に分類し、

あなたのレベルを数字で見られるようにします。

 

 

これは「フォースのコツ」をチャクラで色分けした、

私独自のコンテンツです。

 

 

健康維持や人間関係が上手くいかない理由は、

これを見れば一目瞭然です。

 

 

数値で自分の長所と短所を確認し

フォース修得の時間短縮を促します。

 

 

たとえば、人間関係に悩んでいるある女性は、平和主義で争いが嫌い。

彼女の場合、

 

「ピンク、皮膚、笑顔」が得意なのですが、「赤、骨、スジ、音、平衡感覚」が苦手。

頭頂部は得意なんだけど足元がぐらぐらしている感じです。

 

 

だから彼女の場合、下っ腹に「赤」をイメージしてもらえれば、弱点を補うことができます。

 

それをマトリックス表上に数値で表すので、具体的にどうしていいかが一目瞭然なのです。

 

 

大切なポイントは「バランス」

 

 

どれかが突出しているより、

23の数値が均等であるほうがいいのです。

 

 

数値に表れれば、「フォース型」も一目瞭然です。

また、クリエイティビティーも刺激され、成長戦略を立てやすくなります。

 

 

トランスパレンシーコースで、具体的にあなたが得られることは、以下の通りです。

 

 

--------------------------------------------

 ・一般的に60年かかると言われている「悟りの状態」を半年 間で覚醒させ、その後もリバウンドせず、魂全体がシフトします

 

自分の魂の使命がわかり、漠然とした恐れが払しょくされ超自然体で生きる自分が実感できます。

 

・体を使う仕事(整体師、スポーツ関係等)に、

もう一つのカラダの使い方を加える事で、

刷り込まれたクセや間違った○○が自然と矯正されます。

 

・自分の持っている「気」自体が強くなり、

本来持っている生命力が増し、

内側からにじみ出る魅力でモテル自分に変わっていきます。

 

※明らかな変化は必ず出ますが、自分で自覚できない場合もあります。

 

 ・あなたの魂レベルに共鳴する相手を引き寄せる力が劇的に高まります。

 

 

・体の軸が定まり、正中線を意識した体の動かし方が自然にできるようになります。

 

・手の○○ワークを行う事によって、今までにない軽さ、柔らかさ、自在に動く感覚を感じて頂きます。

 

・ この手の感覚を感じる事により、足、背中、仙骨など、体全体が宇宙意識とつながる体感覚を養います

--------------------------------------------

 

 

 

いかがでしょうか。

ここまでが、トランスパレンシーコースの詳細になります。

 

 

かなりの量になりますが、これを基本コースとさせていただきます。

 

 

 

トランスパレンシーコースでは、お一人お一人の身体の中に眠っている感情を洗い出し、

いらない感情を手放し、頭より身体で考えるフォースを体得することが目的です。

 

それによって、自分に必要なものを自分で選択できるばかりか、自分の必要を満たす時期をも

感じ取ることができる土台を作ることができます。

 

 

 

1つ1つ丁寧にワークを行うことで、身体で感じ、頭で理解していきます。

 

 

1対1の完全個人指導のため、何度も同じ質問をしても大丈夫です。

じっくり学んでいきましょう。

 

 

回、各100分のプランで、お値段は15万円となります。

 

 

 

 

 

 

「身体で考える」作業をし続けること

 

やることはたったこれだけです。

単純でありながら、無駄なく効率的に、最先端の情報を体感していきます。

そして、単純なものほど、持続や言語化が難しいものですが、それらに工夫がありますので、

知識やスキルにおいて、周りの人とステージが変わってきます。

 

 

決して大袈裟ではありません。

 

 

ステージが変わるということは、目の前に広がる景色も変わる、ということです。

あなたがどこにいても、ものの見方、考え方、感じ方、それらが常に最先端でいる、

ということです。

 

 

それくらい、世の中は、頭だけ、口だけで空回りしている人が多いということです。

瑣末な情報に流され、本質を掴んでいる人が非常に少ない、ということです。

 

 

頭でわかった気になっていることほど、心や身体をおろそかにしていることはありません。

シンプルなものほど統一感があり、美しいことを、ぜひあなた自身で体感してください。

ハーモニー(調和)コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランスパレンシーコースでは、フォースの原理原則をお伝えしているのですが、

このハーモニーコースでは、「外気功」でさらに身体の調和を高めます。

 

 

始めは、このコースを基準コースにするつもりでした。しかし、多くの人が、正しく

フォースの概念を理解していない現実があり、基礎としてトランスパレンシーコースを

設けました。

 

 

「身体で考える」次の段階としていれたいのが、外気功です。

これは、寝ているあなたの足首から気を送るという、いわゆる「寝禅」です。

 

 

「外気功」は、中国発祥の「気功」がベースになっており日本のレイキとは少し違います。

いわば「中国版のレイキ」ですね。「強烈なヒーリング」だと思ってください。

 

 

私が鍛錬してきた「武術気功」は、相手に触れず、気合だけで倒すほどの

強烈なエネルギーを持っています。

 

 

「かめはめ波~!」(笑)

 

 

そして、この外気功も、外から感情と行動を司る

「帯状回」を鍛えています。

 

 

さらに、

効果を倍増するために工夫をしています。

 

 

◇ 「足首」から気を送る

 

◇ ワークの最後にやる

 

の2点です。

 

 

 

外気功は、頭頂部か背中から気を送るのが一般的ですが、

何年もの指導で、足首からの方が効果的であることが分かってきました。

 

 

「ワークの最後にやる」ことにも意味があります。

 

信じられないかもしれませんが、鉱物のようだった身体が、ワークにより、

粘土のような柔軟性を持つようになり、さらに、水になり、空気になりかけたところへ

気を通すので、効果が倍増するのです。

 

 

多くの人が5分以内に眠りに落ちます。

 

施術後に、「気持ちいいですね!実は不眠で悩んでました・・。」

と感動のあまり1時間も話し出す方もおられました。

 

 

この「外気功」だけで少なくとも、2週間は元気が持続します。

これは自分がバッテリーになって電源からコンセントを経由して

「充電」してもらっている感覚です。

 

そして、この感覚は他のエネルギーワークにも応用できます。

 

「先生はこのことを言ってたのか!」

 

と、新しい発見があることでしょう。

 

 

 

 

多くの真面目な日本人が、がんばりすぎるのはなぜでしょう。

 

人の目を気にするからです。周りと無理に調和を取ろうとするからです。判断基準を

自分の中ではなく外に置いた時点で、自分はいつも、誰かには劣っているものです。

 

 

本当の調和とは、人と、というより、人の醸し出す空気との調和、という方が

いいかもしれません。人と合わせるのではなく、真の共通点を見出す、ということです。

 

 

フォースを身につけると、自分のすべきこと、しなくてもいいことが自ずからわかってきます。

 

努力する、とは、力(パワー)を使ってがんばることではない、ということがわかってきます。

そして、外気功によって、あなたもわたしも、空気に委ねて生きている仲間だ、ということが

わかってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーモニーコースはトランスパレンシーコースを

さらに定着させる内容となります。

こちらのハーモニーコースは、全回、各150分で、お値段は25万円です。

           ==========================

私はレイキヒーリングをやってます。

外気は、またそれとは違った手ごたえでした。

「F.P.C.」には強烈な強さがあり、

それを体得できた実感があります。

また不思議なことに、日本の歴史についても

身体で理解できるようになりました。

                                                                                     宝塚市 Fさん

                           ==========================

       

インディペンデント(自立)コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、フォース修得のための、生涯コースです。

 

150分×12回、つまり1年かけてフォースを学んだ後も、メールでのサポートにとどまらず、

45分の個人セッションを、あなたの好きなときに無制限でさせていただきます。

 

 

私は常に最先端の考え方、身体の操作方法を研究しています。心理学、ビジネス論、哲学などの

学びから得ることも多々あります。ワークも、相手が変わるごとに新しいものが次々に湧いてきます。今後、私が主催する新しい企画、講座などには、すべて無料で参加できる特典もお付けします。

 

 

フォース修得には、「空気の身体」と「言語化」が必要です。

言語化とは「アウトプット」のこと。

 

 

自分で「フォースとは何か?」を言葉で説明して、自分の身体と照らし合わせて

自分なりのフォースをつくっていく・・・。

 

 

つまり、頭だけでなく身体における「抽象思考を高くする」のです。

 

 

このレベルまで来たらもう怖いものはありません。

「自立」の最終目標が実はこれです。

 

 

しかし、現代人は忙しく、とにかく時間がありません。

そこで「言語化」の訓練が疎かになる危険があります。

 

 

だからこのたび「インディペンデントコース」を設定しました。

これは「フォース完全マスター」のためのコースです。

 

 

あなたが納得いくまで、好きなだけ私の頭と身体をお使いください。

遠隔地にお住まいの方は、メールで質問をお送りください。実際に自分で考え、言葉にし、

実践していくという学ぶ姿勢が、そのままあなたの成長となります。

 

その時間が多いほど、あなたの抽象思考は高くなり、「透明な自己実現」に近づくことでしょう。

 

 

 

このインディペンデントコースであなたが得られることは以下の通りです。

---------------------------------------------

健康寿命が延びる実感があるので大胆な人生設計が可能になります。

・自分で病気を治せるようになるので老後の心配が10分の1に軽減します。

ライフワークを20年長く満喫できるようになります。

・カラダが自動的に覚醒するので人生が10倍シンプルになります。

---------------------------------------------

 

 

 

 

インディペンデントコースは 150×12回、プラス、無制限の45分セッションで60万円です。

 

 

 

================================

全ての感覚が変わりました。

たとえば、遠くのものでも体感覚で認識できるようになったり、

手が鋭敏になったので道具を大事にするようになったり、

いろんな変化を楽しんでます。

今では、考えが以前とは違います。

世の中の二重構造がよくわかるようになりましたね。

そして、この変化は努力なしに自然と続いていきそうです。

ありがとうございました。

                           尼崎市 Tさん

         ================================

 

 

これだけでは、不十分と思いまして・・・

 

 

「足裏」のスペシャリストである整体院も紹介します。

 

 

ここは「インソール」(靴の中敷)を扱っていてかなり根本的に身体を改善してくれます。

 

 

実は娘の側湾症を治してくれたのもここなのです。

側湾症は一生コルセットをしなくてはならない不治の病。

 

 

でも「立つ」「歩く」という日常的な治療でナチュラルに症状は改善されます。

 

 

根本治癒を目指す点でマインドフルコーチングと似ています。

 

もちろん院長も受講者の一人です。

 

 

今回はその院長と提携し、整体院での治療をプログラムに導入しました。

初回の治療費は料金に含まれます。

(ハーモニー、インディぺンデントコースのみ)

 

 

 

健康面でも期待してください!

「手と足」両方からのブレーク・スルーにより、マインドフルになること請け負います。

 

 

また、アスリートの方にもおススメです。

整体院と連携し、長期的にサポートいたします。

 

 

 

 

       1つだけ残念なお知らせがあります・・・

 

 

 

さて、ここまで私があなたにご提供するものの全貌をお伝えしましたが、

どうしても、ここだけは譲れないということが一つあります。

 

 

それは参加人数です。

 

今回の個人セッションは、

過去に行ってきた複数名でのワークショップとは違い

1対1で行います。

 

 

参加者が多すぎると、私のキャパをオーバーしてしまい、

よりよいサービスを提供することも困難になってしまいます。

 

 

私はすでにかなりのクライアントさんを抱えているので、

何十人も申し込みが来たらパンクします。

 

 

一般的にパーソナルコーチングはクライアントが30人を超えると

サービスの提供が難しくなると言われています。

 

 

それプラス、私はアートやNPOなど、その他の武道に関する活動もしており、

正直10人もきついです。

 

 

それ以外にも、常にクライアント様と一緒に成長を続けるために、

私自身の勉強時間も確保しなければいけません。

 

 

そのため募集人数は、月5人限定とさせていただきます。

 

 

また、「インディペンデントコース」に限っては、

過去の経験から、かなりの労力を消耗することがわかっていますので

最高のクオリティーを維持するためにも月1人限定とさせていただきます。

 

 

あまりにも参加希望の人数が多ければ選考をすることになると思いますが、

基本的には先着順とさせていただきます。

 

 

大きなプロモーションなどをして、この個人セッションをアピールするつもりはありませんが、

それでもたくさんの人が読んでくださっているので、早い段階で募集を終了させていただくことになるかもしれません。

 

 

もしあなたが、一人でこれらの体感、知識、環境を得ようと思ったら、

膨大な投資資金と時間が必要になります。

 

 

私の場合、合気道を5年毎日修業してから、師範格として10年ほど教えていましたが、

それでは飽きたらず、本物を求めて数年間は、他流道場を2つ掛け持ちし、

その後、柔術の道場にも通いました。

 

 

もちろん、気功を修得するのに2年、錬功十八法で身体を鍛えるのに15年かかっています。

 

 

また、本物に出会えるまでに、独学で学んだ最先端の書物やDVDを何十万もかけて購入し、

何百時間もかけて、実践してきました。

 

 

そうやって、多くの時間とお金を投資して日々、勉強を積み重ねて得たノウハウです。

 

 

資格取得の学校では50万円~100万円という価格は当たり前のようにありますが、

そういう場所は専門知識の提供だけが仕事なので、実際にそれが人生の質を変えたり、

日々の生活に活用できるかどうかまでは考慮されません。

 

 

そう考えれば、私のワークは、一度きりの人生を本当の意味で自分らしく過ごすための

安い投資だと言えます。

 

 

私としては、中途半端な気持ちの人を煽って大量に売りつけるつもりは全くありません。

 

 

生きていれば必ず直面する決断の時と考えて、私を信じてくれるのなら、

私は全力であなたをサポートしていきます。

 

 

 

 

 

ただし、いつまでも、今回のプログラムを公開しているとは限りません。

人数の制約もありますので、私のキャパで耐え切れないと思ったら、

その時は予告無く募集を停止する場合もあります。

 

 

参加をお考えの方の場合は、お早めにお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

あなたは今、本当にがんばっていらっしゃると思います。

 

 

私も、これまで紆余曲折ありましたが、なんとか「フォース」を体現できるようになりました。

 


なぜ、多くの人が成果をだせず苦しんでいる中、

私はフォースを身につけることができたのか。

 

 

理由は簡単です。

 

 

答えを知っている人に直接教わったからです。

 

 

自分なりの研鑽を重ねつつ、常に足を使って知っている人を探していました。

 

 

一見、時間がかかるようですがこれが一番の近道であり、

また逆にこの方法でしか、フォース修得は厳しいでしょう。

 

 

知っている人に教わるのは、問題集の答案をもらって、それを書き写しているのと

同じですから、成果が出るのは当然です。

 

 

もしあなたが健康や人間関係に行き詰っているとしたら、

一人で悩むのはもう止めにしてください。

 

 

今まで溜め込んだ知識や、本棚にある啓発書の類も全て手放し、

すでにフォースを身につけ成果を出している人に、直接答えをもらってください。

 

 

必死になって、何年も同じところをぐるぐると回り続けるよりも、

答えをもらって、一つずつステップバイステップで進んでいくほうが

時間もお金もはるかに節約できます。

 

 

あなたの周りにはフォースを体現し、透明な自己実現をしている人はいますか?

 

 

もし、いないとすれば、

お早めにご決断されることをおすすめいたします。

 

 

あなたの成功を心から願っています。

お会いできる日を楽しみにしています。

 

 

 

 

特定商取引法に関する表記

【運営業者】 フォースファクトリー

【運営責任者】 前田三四郎

【所在地】 京都府京田辺市興戸南鉾立149-26

【連絡先】 0774-26-2891

 

■電話でのお問い合わせは受け付けておりません。下記メールアドレスにて、ご連絡ください。

■メールアドレス hodokite@gmail.com