​セッション

・覚醒とは「超人」になること

 

あなたは「根本法」という言葉を聞いたことがありますか?

これは武術の専門用語で「根本的な修行法」という意味です。

いっぽう、武道やスポーツの訓練は「具体法」といって

具体的な技や型を反復して覚える方法です。

残念ながら「具体法」では運動神経、センス、体格などの

個人差は埋められません。

埋めることができるのは「根本法」だけ。

「根本法」は本来の自分に戻ることにより

パワーの一次元上のエネルギー「フォース」を出す、

弱者が強者になるメソッド。

「マインドフルネスコーチング」

東洋の「根本法」と西洋の「コーチング」を融合させた

画期的な体感型ワークセッションです。

短時間マインドフル(心身統一)を身に着け覚醒し、

「超人」になりたい方におすすめします。

 

【こんな方におススメ】

・カラダの弱さや精神の弱さに長年悩み続け

 あらゆる療法を試したが、結局リバウンドしてしまう。

表面的なパートナーシップなどではなく

 魂レベルの結びつきを求めているが

 この想いを誰にも理解されずに苦しい

・社会の常識やルールはわかっていても、根本的に馴染めず

 どうしようもない違和感がある。

 でも、それを克服するには弱すぎると思ってしまう。

超越した意識やカラダの状態を求めて学びを深めてきたが

 どれもしっくりこない。

 そうこうしているうちに年をとってしまった。

➡【覚醒し超人になる!】

☛一般的に60年かかるといわれている「悟りの状態」

 を半年で覚醒させその後もリバウンドせず

 魂全体がシフトする。

自分の魂の使命がわかり、漠然とした恐れが払しょくされ、

 超自然体で生きる自分が実感できる。

☛カラダを使う仕事(整体師、スポーツ関係者等)に

 もう一つのカラダの使い方を加えることで

 刷り込まれたクセや間違った所作が自然と矯正される。

☛自分の持っている「気」自体が強くなり、

 本来持っている生命力が増し

 内側からにじみ出る魅力でモテる自分に変わっていきます。

☛あなたの魂レベルに共鳴する相手

 引き寄せる力が劇的に高まります。

*明らかな変化は必ず出ますが、自分で自覚できない場合もあります。

「マインドフルコーチングはマンツーマンの6ステップで

ガッツリあなたと関わるプライベートセッションです」

 

 

・カラダコーチングの内容

ステップ1

「グーパー体操」

手をグーパーする。

その際、指はグレープフルーツを持つような形で、

しかも、指先からは気がほと走るような張りを持たせます。

【効能】手の腱を鍛えることによりカラダ中の腱が連動します。

手の腱は足の腱とつながっており「地に足が着く感覚」が強化されます。

熟達すると、会陰(肛門と性器の真ん中にある柔らかい部分)が引き上がり、

体幹部が安定し、姿勢がよくなります。

「腕振り体操」

両足を肩幅に開いて立って、両手をそろえて前後に振ります。

(5~10分)

【効能】同じ動作の反復により、気の場が整い、脳が休まります。

また、肩のまわりの毛細血管が開いて、温かく、なめらかな感覚になってきます。

そこから血液を心臓から押し上げるのも楽になります。

そうすると、頭で使用済みの血液も下がりやすくなり、頭がすっきり冴えてくる感覚があります。

鎖骨の周辺がゆるむと呼吸が深くなり、肺が活発になります。

そして、肺と大腸は深い関係にあるので、腸も動き出します。

「気のボール」

手を擦り合わせた後、少し離して気を感じてみます。

慣れたら、「気の感じ」をボールのように弄んで拡大していきます。

「呼吸法①」

パートナー同士正座で対面し、一人は相手の手首を掴みます。

手首を掴まれた方は全力で前に差し出し、掴んでいる方は全力で阻止します。

終った後、お互いの力の出方を検証します。

【効能】

力の抜き方が一瞬で理解できます。その「調和した透明な感覚」は、日常を意識的に生きることにより、

その後も継続して養われます。

発想も3次元から4次元的になり

考えがシンプルになります。

ステップ2

「立禅」

足を肩幅に広げて立ち、

「気のボール」を丹田(ヘソの下5センチほど下)に置く。

2~3ヶ月で手が浮いてくる感覚が出てきて、6ヶ月~1年くらいで膝が浮いた感覚も出てきます。

【効能】

・「今、ここ」に集中することにより気の量が最大になり、元気になります。

空中浮遊感を堪能しつつ

「帯状回」(瞑想時に開発される脳の司令塔)を鍛えます。

(実際、太くなります。)

ステップ3

「夫婦手」

(両手を使う)

パートナー同士正座で対面し、一人は相手の手首を掴む。

掴まれた方が「あるやり方」で振りほどきます。

(詳細は現場で)

【効能】

・カラダがまとまる体感が姿勢を矯正し、内臓を整え、血液の循環をよくします。

・重い荷物が軽くなる、足取りが軽くなるなど、日常の所作が楽になります。

・左右のバランスがよくなることにより、カラダの歪みがなくなり、心の癖も抜けやすくなります。

ステップ4

「呼吸法②」

パートナー同士、正座で対面し、一人は自分の膝頭に手を置き、一方はその手首を掴みます。

掴まれている方は、全力で手を上に上げようとして、一方は全力でそれを阻止します。

終ったあとはお互い力の出方を検証します。

【効能】

・エナ(自分を包むオーラ)が分かるとお母さんのお腹にいる胎児のような安心感がでて

呼吸が深くなります。

・「自分の空間」、「自分の時間」の理解が深まると「絶対的な自分」を自覚できるようになります。

・フォース型の力の出方がさらによくわかり、心身ともに一次元高い境地にいたります。

ステップ5

「新聞棒の素振り」

握り方に特徴がある。

(詳細は現場で)

【効能】

・体の軸が定まり、正中線を意識した体の動かし方が自然にできるようになります。

・やわらかい「腹」が作られることでさらに力の抜き方がわかり

カラダの自由度が増します。

 

「カンタン腕相撲」

今までのワークを使って

腕相撲で勝てる方法を伝授します。

(詳細は現場で)

【効能】

フォース(抜いた力)を生きた検証をすることにより、フォースの理解と自信を深めます。

ステップ6

「呼吸法③」

(詳細は現場で)

【効能】

・パワー型の癖が抜けて、日常からフォース型で生活できるようになります。

・パワー型では絶対にできないパフォーマンスが身につき、さらに自信が深まります。

 

「座禅」

ヨガや座禅のやり方と同じ

 

【効能】

立禅で養った浮遊感覚を座禅に持ち込むことにより、さらなる帯状回の強化と修業の短縮を実現します。

 

Copyright 2014 maeda sanshiro  All Rights Reserved.

  • LinkedIn B&W
  • Facebook B&W
  • Google+ B&W