第一回目ですが、今年最後のセミナーです。

今回お伝えするのは、私が体感したことを言語化できたことのすべてです。

       

       The Brain Revolution

 

 

 

こんにちは、前田です。

涼しくなってきましたね。自分と向き合う季節の到来です。

 

普段、個人セッションをすることが多い私ですが、セミナーをすることにしました。

 

 

口コミとメルマガで十分な私が、あえて、セミナーに踏み切ったのは、

あまりにも世の中の流れが早く、もがいている人の声が多く聞こえるからです。

 

 

もがいている、というのは、悪い意味ではありません。

本当に、目の前のことに一生懸命に取り組んでいる、ということです。

一生懸命だけれども、追いつけない!と思っていらっしゃる人が多いのです。

 

 

本当は、追いつく、追いつかない以前に、やっておくべきことがあるのです。

でも、残念ながら、「真実」は常に隠されており、また気づいても、それを言葉にして

伝える指導者が皆無なのが現実。

はたまた、良書にめぐり合えても、ここが一番難しいところなのですが、頭でわかったことを、

身体に落とし込むことに時間がかかり、その間に置いてきぼりにされている、と感じてしまうのです。

 

 

私がこの身体コーチングを始めたころは、クライアントさんは、主にスポーツ関係者でした。

でも、近年は、一般の方になってきています。特に、世の中の流れに敏感な女性です。

 

 

世の中、本当に情報が混雑して、その背景を俯瞰的に見ることができないと、

ますます困窮を深めるようになってきました。

 

 

情報が消費化されることによって、娯楽化し、真実が語られなくなります。

そして、本質を求めて、流れるようにして私のところに辿り着いた人たちは、決まってこう言います。

 

 

 

「そうですか!やっと謎が解けました!」

 

 

 

こんな困惑した時代だからこそ、本質を掴みたい人が多いのでしょう。

 

時代に流されるのではなく、現在、凌駕しているサバイバル的社会状況の背景を知り、

自ら時代を読み、自分の道を歩みたい人に、ぜひ、このF.P.C(フォースの調整)を知らせなければならない、と思います。

 

 

 

巷の多くの指導者は、ものごとの本質を知りません。ただ、そのものを好きで、長くやってきたことに価値を見出しています。

 

 

茶道は茶道のみ、空手は空手のことのみ、フラワーアレンジメントはフラワーアレンジメントのみ。

そして、「日本人は型の民族だ」だとか何とか言って、型の修得にやたらを時間をかけさせます。

 

でも、茶道とフラワーアレンジメントの背景や、茶道と空手の本質の共通点などを語り、実践してもらえれば、一挙にその「道」に近づけるはず。この事実は、ものごとを統合させられない、思考停止した「専門家」の多いことを示しています。

 

 

時代が早い、というのは、教え方にも近道がある、ということです。そうでなければ、大量の情報を駆使して未来を作ることがますます困難になるはず。

 

でも、近道はあるんです。

 

それは、ものごとの本質を体感する、ということ。

 

「真実を知らない人」から教わっても、「真実」を見出すのには、途方もない時間がかかるだけです。

 

 

さて、お伝えしているように、セミナーの日程は、

11月8日(日) 京都駅周辺  10:00~16:00 (昼食時間込み)

 

となっています。

 

 

詳しい場所は、参加者のみにお伝え致します。

 

セミナーが本業ではなく、大人数を集めても、会場設定等一人では出来ませんし、頭ではなく、

身体の機能を変えていくワークで10人以上の参加者がいると、どうしても密度が薄まりますので、

今回は、限定4人で受付致します。

 

 

セミナーの流れとしては、

 

・ フォースとその価値

 

・ 普通の人が堅実で大きな成果を得るための、脳を揺さぶる原理原則

 

・ いかなる天変地異がきても、動じない身体の作り方

 

 

 

ざっくり言うと、こんな感じです。

 

 

何かしないといけない、という焦りがあるけれど、何から始めればよいのかわからない、また、目の前にある仕事、使命を日々、やっているつもりだけれど、本当にこれでよいのか不安になることがある、という人が、フォースを体感し、自分の中で革命を興す

 

といった内容です。

 

 

私の頭と身体から出る力を体感してもらい、隠れた「フォース」を引き出すこと

 

 

これが、今回のセミナーの目的です。

 

 

 

 

 

アナログは廃れない

 

 

 

今は、コンピューターが世を席巻していますが、いくらコンピューターが使えても、

字を書く練習をしなければ、字は書けません。

 

いくら英語の教材が山ほどあっても、発音や読み書きの練習をしなければ、英語の修得はできません。

 

 

学びは、アナログなんです。そして、身体も、肉体がある限り、アナログなんです。

肉体がある限り、この世では、肉体に制限されるわけです。

 

 

逆に言えば、身体が「できて」いれば、何が起こっても怖くない、ということです。

 

 

 

地震が起きても、天変地異が起きても、電気が使えなくても、身体ができていれば、仕事に困ることはありません。ましてや、身体脳ができていれば、「創造的に」仕事を生み出すことが可能です。

 

 

従来のコーチング方式では、自分だけの成功、一時的な成功を手に入れることが目的でした、

というより、それしか手に入らないわけです。なぜなら、時代についていくための根本的な身体ができていないから。

 

新しい道路を満喫するには、グレードの高い車がふさわしいように、

新しい情報から未来を創造するには、反応の良い身体を駆使していかなければなりません。

 

 

これ以上書くと、ものすごく長くなるので、もう説明はやめておきますが、

こういうフォースの身体を作るのは、実は単純なんです、隠されているだけで。

そして、受け入れたくない、というホメオスタシス(元の安定に戻ろうとする性質)が働くだけで。

 

 

今回は、10月16日(木)までに参加申込みの限定4名のみ募集です。

かなり、密度の濃い時間になると思います。

 

 

 

 

参加費について

 

 

 

今回のセミナーの参加費は、15,000円とさせていただきます。

もう、情報は巷に溢れ返っています。はっきりいって、情報はゼロ円でもいいと思っています。

 

ただ、私の場合、身体エネルギーを伝えることがどうしても必要なため、最低限で提示させていただきました。

 

 

このセミナーの後に、高額のバックエンドをすすめるとか、売込みをすることは絶対にありえないので、安心してご参加ください。

そもそも、このセミナー後に「フォース」の理解が深まっていれば、自分に必要のない売り込みは、自分の身体で察知できるはずです。「フォース」とは、川の流れのようなもの。必要に応じて、必要なところに流れたり、留まったりするだけのことです。

 

 

ただ、セミナー中の昼食代、それからセミナー後の懇親会(もし、希望があれば)には、

別途各自の費用がかかりますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

フォースは一生モノ

 

 

一般的なボディコンサルタントの仕事は、クライアントの結果を出すこと、と思われがちですが、

フォースを使った身体コーディネートでは、「結果はありません」です。

 

 

結果はない、というのは、つまり、勝つことへの「執着」までを取ってしまう

 

 

というレベルです。

つまり、そのレベルが身体で理解できた後、始めてゲームに参加できるということなんです。

 

 

今や、教育現場は恐ろしいことになっているようです。私の頃は高校生から、成績のクラス順位がつけられたものですが、今では、中学生の段階で順位が出されます。小学生の通知簿も、なんと5段階評価。心も身体も伸び伸びとさせるべき年代に、「勝つ」ことを刷り込むのは、本当によくありません。

 

でも、こうなってしまうのは、ひとえに「見える結果」でしか、人を評価しないでおこう、という間違った科学的思い込みが原因です。そもそも、人を数値で評価することこそ、教育現場の悪の根源です。

 

 

どこかでクラス内の強調が乱れ、諸々の問題が出てくるのも当然です。

 

 

こんな悪循環を断ち切り、自分を大切にする子どもを増やすには、子どもたちの尊敬できる大人が周りにいる必要があります。

 

 

搾取ではなく、他人への貢献のために、妬みではなく喜びから才能を生かしてほしい、そんな環境づくりのために、私は毎日、人と向き合っています。

 

 

人はだれしも認められたい、世の役に立ちたい、と思うものです。もともとは純粋な、その「自分の才能を生かす」という目標が、いつの間にか、嫉妬や挫折、絶望等の体験で曇っていきます。

フォースを体感する、というのは、嫉妬や挫折、欲望等の自分のエゴを抜いていく作業です。だから、はっきり言って一生モノです。

 

 

はっきり言って、このセミナー、誰にでも受けてもらいたいと思います。

でも、どんなにいいものでも、必要のある人しか、真剣に受け止められないもの。

それを考慮して4人限定です。こんな小規模なの?と思われるかもしれませんが、時代を動かすのは、いつも少数の人の決断からです。

 

 

「フォース」のキーワードは、循環、そして調和です。

そして、F.P.C(Force Physical Cordinate)は、「正しい意思」ではなく、「善い意思」を持った人が恩送りのように、次々と意思をつないでいく、そのための身体作りです。

 

 

 

身体を作ることは、脳を改革すること。

 

 

 

一つの肉体を持っているように、一人一人が真に自立しつつ、互いに支え合う、そんな考え方が

あなたに大きな革命をもたらすことをお約束致します。

 

 

つい、思いがほとばしってしまいました。ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

このセミナーが終わる頃には、頭に衝撃が走り、心に深い感動が湧き起こると思います。

 

 

 

と、思い入れたっぷりに書きましたが、どうぞお気軽にご参加ください。

 

 

日時は、

11月8日(日) 京都駅周辺  

          10:00~17:00 (昼休憩あり)

 

参加表明は、下記にお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日お会い出来ることを、心より楽しみにしています。

 

フォースファクトリー

前田三四郎